大分慶珉のこだわり


大分慶珉は、食の安全、安心をお約束いたします。

出来合いのものを調理するのではなく、素材こだわり、自らの店舗での仕込みにこだわり、様々な知識と調理技術にこだわり、お客様に満足していただける料理をご提供いたします。

そして、大分慶珉のこだわりを引き継いでいく料理人を育成してまいります。

飲食店の基本である「クオリティ・サービス・クリーンネス(QSC)」を徹底し、お客様に満足していただけるお店づくりの努力を続けてまいります。

可能な限り国産にこだわり、地産地消に貢献できるよう大分県産品を積極的にお客様にご提供いたします。

大分慶珉は、「地元のものを旬の季節に食べること」が私たち人間の健康にとって最良でもっとも自然なことだと考えています。

店主 笠村拓世
店主 笠村拓世
ゲンコツを10時間以上煮だした豚骨スープ
ゲンコツを10時間以上煮だした豚骨スープ
お客様をお迎えする店内
お客様をお迎えする店内

大分慶珉の家紋


大分慶珉の家紋は、店主が多くのことを学んだ慶珉の師匠から作っていただいたものです。

名称を「夢咲き小手毬」として、慶珉入社当時から独立を夢見ていた店主が慶珉大島店の店長就任時に作っていただきました。

この家紋には、店主の生まれた月の誕生花「小手毬」をあしらい、店主の家族全員の花が咲いています。

 大分慶珉を開店するにあたり、修行時代と同じ家紋の使用を師匠より快諾していただいた家紋であり、慶珉入社当初の独立を夢見ていた頃の初心を忘れずに努力を続けてまいります。